--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/02/26

遺産管理費用と収益

Q:母の死後、母所有の不動産を弟が管理して固定資産税や修繕費を支払ってきました。それと同時に、弟はその不動産から入ってくる賃料収入を得ています。管理費用や賃料収入などの収益は、遺産分割調停でどのように処理されますか。


A:管理費用は、実務では、原則として遺産とは別個のものであるが、当事者が遺産分割の対象とすることに同意した場合は遺産分割調停で扱う運用となっています。
 また、賃料収入などの収益も原則は遺産と別個の共同相続人間の共有財産とするのが判例です(最判平成17年9月8日)。ただ、これも、当事者が遺産分割の対象に含めるという合意をした場合は、そのように扱う運用となっています。


・管理費用を遺産に含めるかは、積極説、消極説、折衷説などに分かれているようですが、実務では上記の折衷説に従った運用をしているようです。当事者の合意が得られない場合は、管理費用を支出した人は、通常の民事訴訟で、事務管理や不当利得に基づく請求をしていくことになろうかと思います。

・賃料収入も相続人間の共有財産とするのが原則ですから、受け取った賃料を、相続人間で分配するのが原則となります。ただ、合意が得られるならば、上記の管理費用に充当するなどの柔軟な解決もあるかと思います。ただ、管理費用もどこまでの費用を管理費用として認めるかなど、細かな部分で問題は出てくると思います。

 管理費用や収益など細かな部分は当事者意識としては請求したいところでしょうが、判例や実務の運用など、かなり細かな知識が要求されますので、弁護士への相談が必要と思われます。

弁護士による無料相談はこちら。初回面談2時間まで無料です





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。