--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/03/04

寄与分について

Q;父親の遺産が1000万円あり、相続人がその子供である兄と弟のみの2人ですが、兄が、父親の療養看護に努めたことにより職業的援助費用(介護費用)として300万円の支出を免れました。この場合の兄弟の相続分はどうなりますか。

A;兄は650万円、弟は350万円となります。

・相続人が、被相続人の生前、被相続人の財産を増やすこと、もしくは財産が減ることを防止するのに貢献した場合(相続人である子が被相続人である親の事業を手伝っていたなど)や、被相続人の看護などに貢献した場合(被相続人の介護を続けていたなど)、その貢献分を「寄与分」と言います。
寄与をした相続人(=特別寄与者といいます)は、この寄与分を法定相続分とは別枠で貢献した分の遺産を受け取ることができます。ただし、寄与分は、相続財産から遺贈を控除した残額を超えることはできません。

寄与分が決まると、相続財産から寄与分を控除した額を分割し、寄与した相続人は寄与分と相続分の合計額を相続できます。
上記例では、

兄の寄与分は300万円となります。
1000万円から300万円を差し引いた700万円を兄と弟で分けることになります。

法定相続分はそれぞれ1/2なので
兄:700万円×1/2=(相続分)350万円
弟:700万円×1/2=(相続分)350万円

兄:(相続分)350万円+(寄与分)300万円=(実際に受けとる額)650万円
弟:(相続分)350万円+(寄与分)  0万円=(実際に受けとる額)350万円

となります。
寄与分は相続人全員での協議で決まり、協議で決まらなければ家庭裁判所において調停や審判の申立をします。寄与分は相続人間の不公平を修正する制度なので、単独で申立は不可です。遺産分割の調停・審判の申立に付随して申し立てる必要があります。
どれだけの寄与をしたかということを、具体的に遺言のかたちで残しておいてもらうと立証しやすくなるでしょう。

相続人との協議、調停や申立、遺言書の書き方などは専門家である弁護士にご相談されることをお勧め致します。

弁護士による無料相談はこちら。初回面談2時間まで無料です
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。