--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/02/24

相続人が遺産分割に応じない!

Q 相続人の一人が遺産分割協議に応じてくれません。どうすればよいでしょうか。

A;弁護士を通じて遺産分割協議をもちかけるか、早めに家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てるのがよいと思います。

・弁護士が通知を出すと、相手方にも弁護士がつくなどして、弁護士同士の話し合いで協議がまとまる場合が少なくありません。弁護士がつくことによって、当事者同士だと感情的になってもつれてしまう部分も、比較的冷静に話し合いができます。遺産分割は、法律で法定相続分が定められていますから、法律家を代理人に入れると法定相続分をベースにスムーズに話が進むことが多いです。

・弁護士がついても、相手が協議に応じない場合は、早めに家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てるべきです。家庭裁判所の調停委員や裁判官が、法定相続分をベースに妥当な和解案に導いてくれます。そして、当事者間が調停委員の和解案に納得せずに和解ができない場合でも、遺産分割審判に移行して、最終的には裁判所が決めてくれます。ですので、家庭裁判所に申し立てをすれば時間はかかっても最終的には解決します。

・調停や審判の申し立には、たくさんの戸籍や不動産登記、預貯金の残高証明や取引履歴などの資料をつける必要が有り、一般の方だと大変かもしれません。そこで、早めに、弁護士にご相談されることをお勧めいたします。





弁護士による無料相談はこちら。初回面談2時間まで無料です



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。